So-net無料ブログ作成

「アルチーナ」組曲(ヘンデル) [曲目解説]

ゲオルグ・フリードリッヒ・ヘンデル Georg Friedrich Händel (1685-1759)
 (ジョージ・フレデリック・ハンデル George Frideric Handel)
歌劇「アルチーナ」HWV34より器楽用組曲
作曲、初演1735年
編成:2Violin、Viola、Bass

2018年上越公演演奏者
 高田高校管弦楽団弦楽セクション有志
 (ヴァイオリン1,2、ヴィオラ、チェロ、コントラバス)

ヘンデルは多くのオペラを作曲しているが、その中でも魔法オペラと
いわれる傑作。3時間を超える大作である。
今回はオペラの中にある踊り(バレエ)の場面で使われる器楽曲を
抜粋して演奏する。

1.Entrée アントレ(入場の音楽)
 ゆったりした行進曲のイメージ
2.Gavotte ガヴォット
 やや快速な2拍子の踊り
3.Sarabande サラバンド
 ゆったりした3拍子の踊り
4.Menuet メヌエット
 やや快速な3拍子の踊り
5.Gavotte ガヴォット
 やや快速な2拍子の踊り

楽譜:Friedrich Chrysander編ヘンデル協会版全集(1868)

共通テーマ:音楽