So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

調子のよい鍛冶屋(ヘンデル) [曲目解説]

ゲオルグ・フリードリッヒ・ヘンデル Georg Friedrich Händel (1685-1759)
 (ジョージ・フレデリック・ハンデル George Frideric Handel)
調子のよい鍛冶屋 The Harmonious Blacksmith
 ハープシコード組曲第5番ホ長調 HWV430 終曲
出版:1720年

 チェンバロ:笠原恒則

ヘンデルは1720年にハープシコード組曲第1巻(全8曲)を
出版した。第5曲の第4楽章「エアと変奏」が通称
「調子のよい鍛冶屋」として特に有名である。

序奏の親しみやすい旋律を基に5つの変奏が展開される。
ヘンデル自身がつけた題名ではなく、通称の由来ははっきりしないが
19世紀初めにはこの通称で知られていた。

楽譜:IMSLP


共通テーマ:音楽